クロアチアの人気観光地ドブロブニクはスターウォーズの撮影地や「紅の豚」「魔女の宅急便」でも舞台のモデル?になっている世界遺産の旧市街が見どころ

マナー・文化

クロアチア旅行をする場合は、日本で気をつけているマナーに注意すれば問題ありませんが、国によって独特なマナーや文化はあるものなので渡航前に確認しておくことをお勧めします。

 

☆喫煙

18歳未満の人はタバコの購入も禁止されています。公共の場での喫煙に関する法律が変わりつつあり、レストランやバー、カジノなどでは室内で喫煙できない場合もあります。喫煙希望の場合は、利用前に喫煙が可能かどうかを確認するようにしましょう。また、公共の場での喫煙にご注意ください。

 

☆飲酒

18歳未満の人はアルコールの購入も禁止されています。

 

☆挨拶

ショップやレストランなどに入った時は、店員に軽く“はHi”(クロアチア語でズドゥラーヴォ)や“Thank you”(クロアチア語でフヴァラ)などの挨拶するのがマナーとなっています。

 

☆服装

教会などを観光で訪れる際に、肌の露出が多い服装では入場を断られる場合があります。観光であってもその施設は神聖な場所とされている為服装や言動、行動に気をつけましょう。

 

☆チップ

アメリカや他のヨーロッパの国のようにチップを絶対に渡さなければならないとはなっていませんが、サービスに満足した場合はチップを渡すのが一般的になっています。レストランで食事をした場合は、総額の10%程度をチップとして置いていきましょう。既にサービス料が含まれている場合はチップは必要ありません。

タクシーを利用した場合は、端数を繰り上げてチップとして渡すのが一般的です。(例:56クーナのお会計の場合、チップを含め60クーナを渡すなど)大きな荷物を運んでもらった時は更にチップを渡すと良いでしょう。

ホテルのポーターやルームキーパーへは20クローナほどのチップが一般的です。